安倍「教育改革」が目指すもの~ 新しい学習指導要領を読み解く

By | 2017年5月8日
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page

第114回市民憲法講座
安倍「教育改革」が目指すもの~ 新しい学習指導要領を読み解く

お話:俵 義文さん
    (子どもと教科書全国ネット21 事務局長)

来年4月から小学校で新しく教科となる道徳の教科書検定において「我が国や郷土を
愛する」観点からパン屋を和菓子屋と変更するような細かな検定意見がつくなどの
問題について広範な批判の声が起こりました。
また国が基本方針を定め地域住民に国などの施策への協力を求めることを柱とする
「家庭教育支援法」も国会に提出されようとしています。
いま、家庭や教育に対する国家の介入がよりいっそう強まっています。
子どもに「愛国心」を押しつけ国家に黙って従うことを目指す教育は個人の尊厳や
男女平等を定めた憲法24条の改悪、共謀罪等をはじめとした「戦争をする国づくり」
と一体になっています。
安倍政権は子どもたちをどこに導こうとしているのか、俵義文さんにお話をうかが
います。
ぜひご参加ください。

日時:2017年5月20日(土)6時半開始
場所:文京シビックセンター5F会議室A+B
地図:http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
参加費:800円
主催◆許すな!憲法改悪・市民連絡会
    東京都千代田区三崎町2-21-6-301
    03-3221-4668 Fax03-3221-2558
    kenpou@annie.ne.jp