第119回市民憲法講座 「安倍改憲」に抗するためにー総選挙後の政治情勢とこれからの憲法問題

By | 2017年11月16日
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page

第119回市民憲法講座
「安倍改憲」に抗するためにー総選挙後の政治情勢とこれからの憲法問題

お話:清水雅彦さん
          (日本体育大学教授・憲法学)

10月22日に行われた総選挙で与党は改憲発議が可能な3分の2の議席を維持しました。
安倍首相は「自民党としての案を国会の憲法審査会に提案していきたい」との考え
を述べるなど国会での憲法改正の発議がより現実的になってきています。

しかし立憲民主党が野党第一党になり、市民からは「安倍9条改憲NO!全国市民
アクション」による3000万人署名が提起されるなど新たな動きも始まっています。
今回の講座では今回の選挙結果を分析し、改憲の動きを止めるための運動をどうす
るべきかということについてともに考えたいと思います。
ぜひご参加下さい。

日時:2017年11月18日(土)6時半開始
場所:文京シビックホール3F 会議室
地図:http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
参加費:800円
主催◆許すな!憲法改悪・市民連絡会
    東京都千代田区三崎町2-21-6-301
    03-3221-4668
    http://web-saiyuki.net/kenpoh/