全民研・中間研究集会のご案内

By | 2017年11月17日
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page

 
 中間研究集会は「北朝鮮問題」、憲法「改正」問題の講演、実践報告です。
北朝鮮に関する報道は脅威ばかりが強調され、実態がよくわからない状況
です。1日目は朝鮮半島問題に詳しいジャーナリストから話を聞きます。
    10月の総選挙後、現政権は憲法「改正」を政治課題にすることを明確
にしました。そこで2日目は、青井未帆先生から憲法「改正」の問題点と
憲法教育論を伺います。
    実践報告は「北朝鮮問題」と憲法「改正」の授業報告に加え、総選挙で
の模擬選挙の取組みです。

*第1日目 2018年1月5日(金)午後1時~午後5時
 講演:箱田哲也(朝日新聞論説委員)
「北朝鮮の実像 朝鮮半島問題をどう考えるべきか」
報告:①桑山俊昭(法政大学非常勤)
       「北朝鮮危機と憲法平和主義を学生と考える」
     ②小島江津子(高校教員)
       「生徒を候補者役にした二大政党制模擬選挙」

*第2日目 2018年1月6日(土)午前9時~午後12時30分
報告:福田秀志(高校教員)
       「日本国憲法の授業-憲法改正を中心に-」
 講演:青井未帆(学習院大学教授)
 「憲法改正と憲法教育論」(仮題)

*場所 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 513号室
     小田急線参宮橋駅徒歩7分 千代田線代々木公園駅徒歩10分
*参加費 2000円(1日のみ1000円)
*主催 全国民主主義教育研究会
*連絡先 菅澤康雄 sugasawaya@jcom.home.ne.jp

PDF版はこちら