シンポジウム 新自由主義の歴史的射程―菊池信輝著『日本型新自由主義とは何か』をめぐって―

By | 2017年12月30日
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page

このたび、以下の要領で菊池信輝著『日本型新自由主義とは何か――占領期
改革からアベノミクスまで』(岩波現代全書、2016)の合評会を開催します。
4名の評者の視点を通して本書を検討することから、「新自由主義の時代」と
言われる現状を歴史的にいかに位置づけるかを議論します。ふるってご参加く
ださい。

日時 2018年 1月 21日(日)午後1時~5時
会場 立教大学池袋キャンパス 14号館 3階 D301教室
内容と評者等
1 自由主義/新自由主義の比較史の観点から(小沢弘明)
2 現代日本経済史の観点から(浅井良夫)
3 現代日本政治史の観点から(源川真希)
4 ジェンダー論の観点から(金井 郁)
5 リプライと展望(菊池信輝)
6 討論

歴史学研究会現代史部会・年報日本現代史編集委員会・立教大学文学部史学科

共催
事前申込不要、参加費無料

問い合わせ先 沼尻晃伸 numajiri@rikkyo.ac.jp