2018年7月増刊号「明治150年を問いただす」の読みどころ

By | 2018年7月3日

「明治150年」。明治維新から150年の日本の歩みを賛美する動きが、政府内閣を中心に活発です。各地の自治体でも、明治維新や戊辰戦争に関わるイベン盛んにおこなわれています。

 そこには、近代化を誇るべき歴史として賛美するのみで、それがもたらした近隣諸国の惨禍への反省はありません。明治以来の富国強兵近代化の路線は、敗戦後もしばしば復活させようとする動きが起きています。

 今後、私たちはどのように生き、どのような国家、社会を築くべきなのか。それを考えるために、「明治150年」の歴史を、政治や戦争、沖縄や北海道などの地域、アジア諸国との関係、文化やジェンダーなど、さまざまな視点から、問い直したいと思います。