2019年8月号「戦争を語り継ぐ」の読みどころ

By | 2019年7月18日

 ある戦跡カメラマンから、「戦争の記憶や戦争を知ろうとする意識が、年々風化していることを実感しています」という便りをいただいた。

 一方、植民地支配や加害の実態に目を向けず、戦争責任の問題はあいまいにされてきた。最近の研究成果・実践に学び、戦争の記憶を正確に語り継いでいきたい。(東海林)