「全史料協近畿部会第152回例会」のお知らせ

By | 2019年8月14日
   「学校資料の未来を考える ―『近代滋賀の教育人物史』編纂を振り返って―」
平成30年(2018)6月、大学教員、小・中・高校教員、元図書館職員などで構成される
滋賀県教育史研究会が『近代滋賀の教育人物史』を上梓しました。
    本書は、県の行政文書(歴史的公文書)や、栗東歴史民俗博物館の「里内文庫」、
個人・学校に残された様々な史料をもとに、人物の視点でまとめられた教育史です。
滋賀県は、県教育委員会などが編集主体となった『○○県教育史』を唯一もたない県
であり、貴重な成果といえます。
    その一方で、本書編纂の過程では、学校の増改築や統廃合、市町村合併などを
機に失われていく学校資料の現状に、強い危機感を覚えられたようです。本例会では、
執筆者の皆様に、本書の成り立ちや研究会の歩みをご紹介いただき、学校資料の
保存と活用に向けた課題を探ります。
どうぞご参加ください。
【と   き】 令和元年(2019)8月31日(土曜日) 14:00~17:00 
【と  こ ろ】 滋賀県庁北新館 3階 中会議室(大津市京町4丁目1番1号)
【報 告 者】 宮坂朋幸氏(大阪商業大学)・久保田重幸氏(愛荘町立愛知中学校)
【コ メ ン ト】和崎光太郎氏(浜松学院大学短期大学部)
【参加方法】 参加費無料 以下からお申込みください。
        会員外の方の参加も歓迎します。
(参加申し込みフォーム) https://ws.formzu.net/fgen/S65849062/
【お問い合わせ】
尼崎市立地域研究史料館(担当:河野)Tel:06(6482)5246
E-mail:jsai[at]archives.city.amagasaki.hyogo.jp
※[at]は@に変換して下さい。