2019年11月増刊号「第71回歴教協全国大会・埼玉大会報告号」の読みどころ

By | 2019年11月5日

11月増刊号全国大会の読みどころ

 第71回歴教協全国大会埼玉大会報告号が出来ました。草加市文化会館の全体会に始まり、獨協大学での分科会・「地域に学ぶ集い」、そして閉会集会、さらに埼玉中心に関東各地でのフィールドワークまで、大会全日程の内容を記録した貴重な一冊です。本年の歴教協の全国大会では、歴史教育、社会科教育などをめぐって、どのような議論が交わされたのか、その全容をお伝えします。

 

〇熱気あふれる全体会

 全体会は、最初に山田朗歴教協委員長による歴史修正主義の横行に警鐘を鳴らす基調提案に始まりました。そして、記念講演は、近年学校での組み体操などの危険性を訴えて、教育のリスク管理の問題を訴えて注目されている教育学者の内田良さんの「学校をカエル!-『教育』の病から脱け出すために」。さらに埼玉の中学校の井村花子さんの学年全体で取り組んだ平和・人権学習の地域実践報告、井村さんの中学の卒業生も交えてのシンポジュームでは、参加者全員によるグループワークから様々な質問・意見が出て、大会テーマの「ともに生きる、ともに歩む―対話からひらく未来」にふさわしい新基軸の内容となりました。11月増刊号の巻頭では、その熱気をお伝えします。

 

〇24を数える分科会

 分科会は24あり、それぞれの教室会場に分かれて、様々なテーマごとに、170を超える全国各地からレポートが報告されました。その報告の内容と議論を、全部まとめて掲載しました。2日間にわたる熱のこもった分科会での発表の様子を伝えます。特に注目される授業実践や地域報告などは、逐次『歴史地理教育』の通常号に掲載します。中には、既に大会に先駆けて掲載されたものも多くあります。また、11月増刊号にも小中高で各1本ずつ掲載しています。是非、ご一読ください。

 

〇地域に学ぶ集い・閉会集会、そしてフュールドワーク

 2日目の夜の「地域に学ぶ集い」は、埼玉地域に関わるものを中心に、学識豊かな報告者による歴史や社会などの諸問題についての報告、糸車などの教材紹介、そして本部企画の日中・日韓との交流事業など、多彩な内容の学習会です。これについては参加者の感想などの報告をまとめて掲載しました。通読すると、歴教協の地域での豊かな活動がよくわかります。

 閉会集会では、冒頭でシリアでの長期の拘束からようやく生還されたジャーナリストの安田純平さんが埼玉県出身ということもあって、ビデオメッセージで、シリアでのご自身の拘束をめぐっての、日本政府の唱える自己責任論の欺瞞について語ってくれました。その後、分科会での議論を踏まえて、教科書問題や新指導要領の問題性など現在の教育を取り巻く様々な問題をめぐって、ベテランから若者まで、幅広い参加者から発言がありました。そうした集会の総括も掲載しました。

 最後に、大会後のフィールドワークについても、コースごとに参加者の感想を、すべての訪問先について、具体的な説明と写真などと共に掲載しました。分科会の多彩さと共に、フィールドワークこそ全国大会の醍醐味と言われて、毎年参加する会員も多いと聞きます。地域に根ざした教育をめざす歴教協にふさわしい企画です。

 こうした埼玉大会の多彩な内容をまとめて詰め込んだ充実の1冊です。是非、ご購読をお勧めします。