全民研 オンライン連続学習会第2弾 2021年3月~5月

By | 2021年3月3日

●3月28日(日)午後4時~6時
杉浦正和さん (武蔵大学非常勤) 「私はこう思う」と「いきなり討論」
生徒が実はいろいろな意見を持つことを確認する「私はこう思う」調べと、
年度冒頭で仕掛ける討論授業を紹介します。
梶屋大輔さん (神奈川 高校) 「高大接続を意識した世界史の授業 その後」
論文をつくる授業です。2019年の大会での報告の続編にあたり
ます。コロナの関係で1年熟成させました。公民の授業でも応用
可能です。 資料はこちらからどうぞ →
●4月25日(日)午後4時~6時
三井 肇さん (東京 高校) 「GW前 とっておきの課題」
GW前に憲法記念日の社説の読み比べを課題に出しました。これを報告します。
サブレポートとして、朝日・読売・毎日の過去20年間の社説を分析し、課題の
出し方を報告します。
野嵜雄太さん(神奈川 中学校)「中学生を市民に育てる公民の授業 」
3学期に行ったばかりの中3公民の授業を報告します。
●5月23日(日)午後4時~6時
武田真人さん(東京 高校非常勤) 「授業で活用!ピンポイント動画」
今日はこんな動画を見るね、と言うと下を向いていた子も顔をあげてくれま
す。授業に応じた1回限りの動画を紹介します。
福田秀志さん(兵庫県 高校) 「生命倫理 尊厳死・安楽死をどう取り扱う?」
看護師や医療職を目指す高校生に対して行った授業内容を紹介します。生命倫理
の問題を「個人の生き方」という枠をこえ、「医療の在り方」「社会の在り方」
を問う方向で授業を行ったものです。

◆オンライン連続学習会:申し込み・問合せ sugasawaya@jcom.home.ne.jp

PDF版はこちらから