投稿者「桜井千恵美」のアーカイブ

「陵墓限定公開」40周年記念シンポジウムのご案内

「陵墓限定公開」40周年記念シンポジウム 文化財としての「陵墓」と世界遺産

 

日 時:2019年12月22日(日)10:30~16:30

会 場:大阪歴史博物館講堂(大阪市中央区大手前4丁目1-32 電話06-6946-5728)

主 催:「陵墓限定公開」40周年記念シンポジウム実行委員会

参加方法:事前申込不要。先着250名。10時より受付開始。

参加費用:資料代1,000円

 

【案内】「陵墓」関係16学・協会は、「陵墓」を文化財と位置づける学術的な立場から、「陵墓」の公開をすすめ、今年で公開運動40周年の節目を迎えました。本シンポジウムでは1979年の「陵墓」の限定公開開始を画期とした運動を振り返るとともに、2019年7月に「仁徳天皇陵古墳」として世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群の有力な構成資産である大山古墳(宮内庁の百舌鳥耳原中陵)に、学術的検討を加えたいとおもいます。そのうえで、今後、「陵墓」の公開はどのようにあるべきか、保存・活用はいかにあるべきか、を幅広く議論したいと考えます。「陵墓」に限らず、日本の歴史や文化財の保存・公開・活用に関心をお持ちの方々のご参加をお待ちします。また、下記の事前アンケート夫から、様々なご意見を是非お寄せください。

https://forms.gle/cRw5e6g5cjpHEGhv5

 

プログラム:

10:30~10:40 開会挨拶 宮川 徏

10:40~11:30 基調講演 今尾文昭 「陵墓限定公開」の40年と現状から

11:30~12:00 報告1 石部正志 「陵墓」公開運動の経験

12:00~13:00 休 憩

13:00~15:00 報告2 岸本直文 大山古墳は「允恭」(倭王済)墓である

            報告3 滝沢 誠 副葬品からみた大山古墳

            報告4 中久保辰夫 世界の墳墓と世界遺産

            報告5 新納 泉 調査手法の進展と「陵墓」情報の充実

            報告6 高木博志 近代天皇制と「陵墓」

15:00~16:30 ディスカッション 「陵墓」公開の今後

            司会:福島幸宏 パネラー:今尾・岸本・滝沢・中久保・新納・高木

16:30~16:35 閉会挨拶 滝沢 誠

 

 

 

東アジア近現代史セミナ―「知られざる明治日本の東南アジア侵略計画」(12月8日)のご案内

【東アジア近現代史セミナー】「知られざる明治日本の東南アジア侵略計画」(12月8日)のご案内

 

 東アジア近現代史セミナー実行委員の渡辺です。次回のセミナーのご案内をお送りします。アジア太平洋戦争で東南アジアを侵略した日本政府がその計画を立て始めたのは、通説では1930年代と言われてきました。ところが、近年発見された新資料によると、陸軍大将宇都宮太郎が1910年からシンガポール対岸のリアウ諸島を、民間人を通じて租借し、日本政府がいつでも使用できるよう契約を結び、南進の足がかりにしようとしていた事実が判明しました。この講演では新資料に基づいて、これまで知られていなかった明治日本の東南アジア植民地化の試みを明らかにします。ぜひご参加ください。

 

【東アジア近現代史セミナー】第56回 「知られざる明治日本の東南アジア侵略計画―陸軍大将宇都宮太  郎によるリアウ諸島租借工作」(渡辺洋介さん/大阪経済法科大学客員研究員)

日時  12月8日(日)13:30~16:30

会場  練馬区職員研修所2階研修室(西武池袋線 練馬駅より徒歩6分)

   ※いつもの会場と異なりますのでご注意ください。

参加費 700円(高校生以下無料)

今後の予定

第57回 1月18日(土)「戦前日本はなぜ軍国主義化したのか?—安倍軍拡路線への警鐘」

                          (纐纈厚さん/明治大学特任教授)

第58回 2月15日(土)「知られざる満洲報国農場―子どもたちはなぜ送り込まれたのか」

          (小塩海平さん/東京農業大学教授)会場:石神井公園区民交流センター

第59回 3月14日(土)「東アジア文化交流のつどい」

 

第16回 12月集会 憲法と教育の改悪を許さない!

第16回 12月集会 憲法と教育の改悪を許さない!

日時  12月14日(土) 午後6時15分

会場  文京区民センター 3A(東京メトロ丸ノ内線後楽園駅4a・5番出口)

第1部:学校現場かと運動からの報告

 「働き方改革」?なぜこんなに忙しいー小中学校から/これでいいのかオリ・パラ教育―特別支援学校  から/夜間定時制の灯りを消さないでー都立高校から/命令と処分の教育とたたかって16年―「日の丸・君が代」裁判

第2部:講演 山田朗さん(明治大学教授・歴教協委員長)

   「日韓問題の根本に何があるかー徴用工問題と歴史認識」

資料代  500円

主催  「12月集会」実行委員会

連絡先 河合 090―6137-0876

第33回 日本民教連交流研究集会

第33回日本民教連交流研究集会「すべての子どもに楽しい学びを 豊かな学びを生きる力に」

日時  12月8日(日)午前10時~午後4時30分/和光小学校(経堂駅下車)

午前  全体会 講演「明日への船出・希望~子どもの貧困の現場から」

    白鳥勲さん(一般社団法人 彩の国子ども・若者支援ネットワーク代表理事

午後  分科会(6つの分科会で参加費1000円 (市民・学生500円)

連絡先 民教連 minkyoren2012@gmail.com   

第65回 子どもを守る文化会議

第65回子どもを守る文化会議 

子どもの危機、私たちは何ができるか~子どものいのち、からだ、あそび、文化を守るために

日時   12月1日(日)13時~16:30

会場   東京労働会館ラパスホール

記念講演 「権利条約31条って、なあに?」大屋寿朗さん・増山均さん

参加費  500円

主催:子どもを守る文化会議実行委員会

共催:子どもの権利条約31条の会/子どもの文化のNPOArt.31

 03-5319-3645 日本子どもを守る会

アジア・ファーラム横浜 2019証言集会

アジア・フォーラム横浜 2019証言集会

日時:12月7日(土) 午後1時30分開場 午後2時00分開会 
会場:神奈川県民サポートセンター 2Fホール   (横浜駅西口下車 徒歩5分)

*今年の証言集会のテーマ
 あの林少彬さんが、新たな重要資料発掘!   
 明らかになる侵略戦争の実像

◇日本の侵略戦争の実像を明らかにする研究を続けている林少彬さんが、
 昨年の証言集会のあと、非常に興味深い史料を入手されました。
  ?日本軍の戦犯の特徴(戦犯の名簿研究より)
           ?すべての責任を下級兵士に押し付け!?
  ?日本軍の事前調査の地図  
           ?ABCD包囲陣で止むを得ず戦争突入はウソ????
  ?戦犯探しを回避するための虚偽名簿?
           ?ウソの名簿を作成?         
 などなど、戦争前、戦争中、戦後にわたり、日本軍が廃棄しつくせなかった
 重要史料をもとにして、侵略戦争の実像を明らかにし、これまでの歴史記述を
 正しく書き替えたいと思います。

*被害者遺族として問い続ける   ?遺族は真実の追求を求める? 
 ◇9・5事件の遺族としての林少彬さん、日本に留学する直前に祖母から聞かされた
  祖父の日本軍による虐殺事件について、集会で、たっぷりと語っていただきます。 
  昭和天皇の戦争責任を問い続ける   ?アジアは忘れない!?
 ◇アジアは、天皇の戦争責任を忘れてはいません。
  マレーシアの鄭来さんは、「日本軍はなぜ子どもや赤ん坊まで殺すのか? 天皇に
  聞いてほしい」と私たちに迫りました。
  侵略戦争の被害を受けたアジアでは、戦争の責任者は、昭和天皇なのです。
 ◇昭和天皇の戦争責任を忘れてはならない。とりわけアジアへの侵略責任については、
  マスコミも学界も取り組みが不十分です。
 ◇一方、東南アジアの人々は問い続け、今もその実態解明を続けている!
 その代表的な例として、林少彬さんの活動から学ぼうと考えています。

 〇沈さんのスカイプ証言、高嶋伸欣さんの講演もあります。参加費は1000円(学生以下無料)

  連絡先 080-4536-3505(吉池)

全民研 第9回 デモクラカフェ のご案内

 第9 回 デモクラカフェ
 大学生と若手教員向けの授業作り講座です。グループになって話し合いながら授業をつくります。
 中堅、ベテランも大歓迎です。
 山田一貴さん 「知識構成型ジグゾー法で考える水俣病~教材作成の手間削減に挑む~」
 井田佐恵子さん「模擬裁判~人が人を裁く難しさと意義を体験する~」
 日時 12月21日(土)午後6時 開会
 参加費 無料
 場所 渋谷区立勤労福祉会館(JR渋谷駅徒歩7 分)
 主催 全国民主主義教育研究会
 連絡先 菅澤康雄 sugasawaya@jcom.home.ne.jp

全民研 第9回 デモクラカフェ

      第9 回 デモクラカフェ
 大学生と若手教員向けの授業作り講座です。グループになって話し合いながら授業をつくります。
 中堅、ベテランも大歓迎です。

 山田一貴さん「知識構成型ジグゾー法で考える水俣病~教材作成の手間削減に挑む~」
 井田佐恵子さん「模擬裁判~人が人を裁く難しさと意義を体験する~」
 日時 12月21日(土)午後6時 開会
 参加費 無料
 場所 渋谷区立勤労福祉会館(JR渋谷駅徒歩7 分)
 主催 全国民主主義教育研究会
 連絡先 菅澤康雄 sugasawaya@jcom.home.ne.jp

全民研 中間研究集会のご案内

     中間研究集会のご案内
現在、日韓関係が戦後、最悪と言われ 、政治・経済をはじめ地域交流や 教育 にも悪影響
を及ぼしています。書店には 「 嫌韓本 」 が山積みになっています。 私たちはなぜ韓国にい
らだつのでしょうか。中間研究集会の1日目の講演は、こじれた日韓関係を解説していた
だきます。 実践報告 は 4本用意しました。 どのレポートも充実した内容です。ご参加下さい。

 2020 年1月 5 日( 日 )午後 1 時 4 0分
 講演 澤田克己 氏 (毎日新聞外信部長)
 「 私たちはなぜ韓国にいらだつのか~日韓関係の構造的変化を知る必要性 」
 第1 日目 20 20 年1月5日( 日 )午後 3 時 5 0分
 実践報告
 ① 日達綾 神奈川県立高校「 性暴力を高校生と考える 」

  第2 日目 20 20 年1月6日( 月 午前 9時 30分

 実践報告
 ① 武藤章 (東京 私立 高校)「 中学校 『 総合 』 を創る~私の出会った3つの奇跡について~ 」
 ② 山﨑裕康 (東京都立高校)「多数決をどう教えるか」
 ③ 山田一貴(埼玉県立高校)「生徒が調べ、考えるエネルギーのベストミックス 」 

 *場所  国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟
      小田急線参宮橋駅徒歩7分 千代田線代々木公園駅徒歩10分
 *参加費  2000円(1日のみ1000円) 大学生・院生1000円(1日のみ500円)
 *第1日目の終了後に懇親会があります。 懇親会は 予約をお願いします。
 *第2日目の終了後に全国・常任委員会があります。
 *参加申し込み 先 菅澤康雄 sugasawaya@jcom.home.ne.jp