投稿者「yasui」のアーカイブ

歴史地理教育3月増刊号(No862)-文学・絵画・映画で学ぶアジア太平洋戦争

購入希望はこちらから

文学・絵画・映画で学ぶアジア太平洋戦争
 
Ⅰ  戦争と平和を考える
〈総  論〉絵・物語・映画で学ぶアジア太平洋戦争  家長知史
 
Ⅱ  「素材」を生かした戦争の授業
『ちいちゃんのかげおくり』の授業―時代背景のイメージをふくらます工夫  本田亮平
一九四二年とエリュアール「自由」のある風景  佐藤広也
読み聞かせで学ぶ戦争  石上徳千代
長編詩「りゅうりぇんれんの物語」から知る中国人強制連行  黒田貴子
『太陽の子』から沖縄戦を学ぶ  梶原秀明
映画『はだしのゲン』から原爆の図丸木美術館へ  中條克俊
「戦争」と「戦後」をつなぐ物語―神奈川で『在日』を読む  小川輝光
日本社会のポストコロニアル―映画『かぞくのくに』を観る  小嶋常喜
絵本を活用したアジア・太平洋戦争の授業  良知永行
空襲体験画で考える戦争と平和  伊藤和彦
日中戦争を描いた中国の創作絵本  木村誠
『凍りの掌』で考えるシベリア抑留  江連恭弘
 
Ⅲ  〝戦争〟を伝える  
上野誠の版画への思いと「ひとミュージアム」  田島隆
本を読み、考え、感性を高め、平和を希求する「ブックトーク」  中嶋千絵
戦争展で絵本のブックトーク  西浦芳郎
読み比べ「学習漫画日本の歴史」─戦争をどう描いているか  鳥塚義和
国策映画と日本の戦争─プロパガンダと娯楽の狭間  大場さやか
フランスでショアーを教えること  ユベール・ティゾン〔訳:藤森晶子・剣持久木〕
 
資料●子どもの興味を引きつけ平和の尊さを考えさせる教材と資料  埼玉県歴教協所沢支部/本誌編集委員
会作成

歴史地理教育3月号(No861)-特集 3・11をなかったことにさせない

購入希望はこちらから

特集  3・11 をなかったことにさせない
福島から伝えたいこと  大貫昭子
福島第一原発事故から六年─棄民政策が壊すこの国の民主主義  日野行介
「命と向きあう教室」と自ら語る高校生たち  制野俊弘・志野ほのか
岩手県沿岸地域の学校と子どもたちは、今  森本晋也
実践記録/中学校総合・道徳  福島の今をどう伝えるか  佐々木孝夫
 
小学校の授業  生活科 2 年  町たんけんは宝さがし─三年生社会科への接続を意識した二年生活科  増田敦

中学校の授業  公民  選挙─「公約支持型」から「行動評価型」の視点へ  伊良波剛
高校の授業  日本史  『幕末江戸市中騒動記』を読む─打ちこわしから開国倒幕の歴史を学ぶ  若杉温
 
連載
子どもの目
▼市長への手紙  池本恭代

▼足利義満が「公家化」したのはなぜか─足利義満「皇位簒奪」説のその後  家永遵嗣
各地からの便り㉙
▼富山県・新川支部  新川支部の活動と課題  荒尾勇二
地域─日本から世界から 249
▼3・11 と子どもたちの甲状腺がん  吉田由布子
子どもとともに授業をつくる③
▼生徒の本音と向き合う授業をめざす  浅尾弘子
絵本で知ろう! おとなりの国㉔[最終回]
▼平和を願い済州島4・3事件を描いた「木のはんこ」  木村誠
世界を歩く 92
▼一味違う韓国案内(3)「景福宮」  朴星奇〔訳:三橋広夫〕
歴教協第 69 回神奈川・関東大会/憲法施行 70 年の夏は神奈川へ③
▼東京の今と浅草、靖国神社  小山一成・東海林次男
探訪ミュージアム 92
▼自由学園明日館(東京都豊島区)  桜井千恵美
 
読書室『シベリア出兵─近代日本の忘れられた七年戦争』『「主権国家」成立の内と外』『ふくしま讃歌─日本
の「宝」を訪ねて』『いのちの協同―医療生協かわち野の挑戦』『30 代記者たちが出会った戦争─激戦地を歩
く』『戦争孤児と戦後児童保護の歴史─台場、八丈島に「島流し」にされた子どもたち』
 
教科書づくりと二〇一五年度検定の実態─実教出版『高校日本史A』の場合(下)  小松克己
〈歴史実践〉「花岡事件」を次世代にどう伝えるか─「授業づくり」を通して考える  今野日出晴
『歴史地理教育』所収 東日本大震災関連論考(二〇一一年八月号~二〇一六年一〇月号)  編集委員会
「建国記念の日」に関する声明  日本歴史学協会
 
●写真●北から南から─歴教協各県支部ニュース 497●伝言板●今月の動き●読者のひろば●次号予告

歴史地理教育2月号(No860)-特集・土偶と銅鐸

購入希望はこちらから

特集  土偶と銅鐸
Q&A「縄文世界の土偶とその面白さ」  原田昌幸
Q&A「銅鐸を考える」  森岡秀人
高校考古─ある博物館の取り組み  今井涼子
実践記録/中学・歴史  土偶の謎に向き合う─縄文時代の人たちの思いは?  持田早苗
実践/高校日本史  銅鐸の絵から見える弥生時代  関原正裕
 
小学校の授業4年  子どもたちと見つめる戦争と平和  宮川真幸
中学校の授業  地理  東北地方の授業─東日本大震災以後  辻隆広
高校の授業  総合  「ユネスコスクール」における防災教育─当事者意識の醸成を中心に  和田野紘平
 
連載
子どもの目
▼生徒から見たアクティブ・ラーニング  橋本一秋

▼歴史資料として軍事郵便に光を─歴史教育に使える兵士の手紙  新井勝紘
地域─日本から世界から 248
▼『香川新報』に見る東学農民戦争と四国での調査の現状  石井雍大
子どもとともに授業をつくる②
▼高校生は討論が大好きだ!  浅尾弘子
絵本で知ろう! おとなりの国㉓
▼朝鮮時代の古典小説をもとにした「ふしぎなかけじく」  木村誠
世界を歩く 91
▼一味違う韓国案内(2)「光化門広場」  朴星奇〔訳:三橋広夫〕
各地からの便り㉘
▼山形県歴教協  山形の米軍基地反対運動を沖縄につなげて  佐藤光康
歴教協第 69 回神奈川・関東大会/憲法施行 70 年の夏は神奈川へ②
▼千葉県歴教協企画  「地域に学ぶつどい」「現地見学」紹介  小笠原強・栗原克榮
探訪ミュージアム 91
▼石川啄木記念館(岩手県盛岡市)  三好博
 
読書室
『18 歳選挙権時代の主権者教育を創る―憲法を自分の力に』
『990円のジーンズがつくられるのはなぜ? ─ファストファッションの工場で起こっていること』『アウ
シュヴィッツの図書係』『漫画は戦争を忘れない』『日本史リブレット 感染症の近代史』『となりのイスラム
─世界の3人に1人がイスラム教徒になる時代』
 
教科書づくりと二〇一五年度検定の実態─実教出版『高校日本史A』の場合(中)  小松克己
朗読劇『父と暮らせば』と歴史教育─大学での教職科目で  滝澤民夫
「成田空港」─閣議決定から半世紀  中村政弘
 
●写真●北から南から─歴教協各県支部ニュース 496●伝言板●今月の動き●読者のひろば●次号予告

 

 

歴史地理教育1月号(No859)-特集・未来をひらく子どもたち

購入希望はこちらから

特集  未来をひらく子どもたち
未来を生きる子どもたちをどう育てるか  山本政俊
実践記録/小学校4年  学童疎開と地域の宝を学んだ子どもたち  儀間奏子
実践記録/中学・総合学習  人から学ぶ授業が生徒を動かす─埼玉の生徒が広島を語り継ぐ  井村花子
実践記録/中学・課外活動  地域まるごと博物館・川口ふるさと塾・みらいいろ─地域を調べ、つながり、
未来をつくる  吉田武彦
実践記録/高校・政治経済  保護者・市民との連携による「リアル模擬選挙」  石川秀和
 
小学校の授業  3 年  未来に伝えたい竪坑櫓について学ぶ  宮原翔太
中学校の授業  総合  登戸研究所で学んだ中学生  大泉雄彦
高校の授業  地理  震災遺構をどうするか─「地理」の授業で考える  後藤貴三恵
 
連載
子どもの目
▼地名を考える  岡野正丸

▼「さわるな、こら、ボケ、土人が」  島袋夏子
地域─日本から世界から 247
▼北の大地に根を張るビート産業─生産・加工を担う十勝から  川口芳彦
[新連載]子どもとともに授業をつくる①
▼新米教師、歴教協に入る!!  浅尾弘子
絵本で知ろう! おとなりの国㉒
▼子どもがふと思うことを描いた「かぜひいちゃった日」  木村誠
世界を歩く 90
▼一味違う韓国案内(1)「韓国の首都ソウル」  朴星奇〔訳:三橋広夫〕
各地からの便り㉗
▼愛知県・中学校部会  再開・中学校部会、活動継続中です  川村治令
歴教協第 69 回神奈川・関東大会/憲法施行 70 年の夏は神奈川へ①
▼地域に生きる希望を子どもたちに  吉池俊子
探訪ミュージアム 90
▼天理大学附属天理参考館(奈良県天理市)  西浦弘望
 
読書室『未来を切り拓く世界史教育の探求』『戦争まで─歴史を決めた交渉と日本の失敗』『総力戦体制の正
体』『小林多喜二  生地からの発信─秋田県多喜二祭の記録  第三集』『下丸子文化集団とその時代─一九五
〇年代サークル運動の光芒』『アングリーヤングボーダーズ─韓国  若者たちの戦略的選択』
 
教科書づくりと二〇一五年度検定の実態─実教出版『高校日本史A』の場合(上)  小松克己
生徒の歴史認識を育む論述文の評価方法について  米山宏史
郷土史家の戦争体験に学ぶ  小出宗治
 
●写真●北から南から─歴教協各県支部ニュース 495●実践記録集・資料紹介●伝言板●いただいた本・実
践記録から●今月の動き●読者のひろば●次号予告

歴史地理教育12月号(No858)-特集・農業だけでないTPP

858%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99_01858%e5%8f%b7p4-5_01

購入希望はこちらから

特集  農業だけでないTPP
Q&A「TPPってなに?」  滝口正樹・関原正裕
TPP協定案の恐るべき内容  内田聖子
山形の農家から  牧野聡
学校給食の現場から  島村幸代
医療の現場から  高橋卓哉
実践記録/小学校  山里の小学校から考えた農と農業  岡野正丸
実践記録/高校  TPP協定と医療制度を考える  福田秀志
小学校の授業  6 年  「兵士になること」に着目した戦争学習  板垣雅則
中学校の授業  修学旅行  八丈島の平和教育─広島への修学旅行の取り組み  石井緑
高校の授業  日本史  田沼意次・松平定信・水野忠邦の政治を比較する─歴史を通して自ら考える力を養う
増田翔太
 
連載
子どもの目
▼国民がちゃんと意見を  原田聡子

▼戦後改革期のさまざまな歴史教科書─準教科書の調査と保存を訴える  茨木智志
中学生とのつきあい 12 章⑫[最終回]
▼見上げた空に何がある?  辻健司
絵本で知ろう! おとなりの国㉑
▼生活感のあるファンタジー「天女銭湯」  木村誠
世界を歩く 89
▼米国中西部の暮らし(7)[最終回]「コミュニティーと学校」  友松利英子
探訪ミュージアム 89
▼成田空港「空と大地の歴史館」(千葉県山武郡芝山町)  安藤和典
 
読書室『シリーズ戦災孤児』(全五巻)  三橋広夫
『三池炭鉱宮原社宅の少年』
『日本震災史─復旧から復興への歩み』
『明るき光の中へ─日系画家野田英夫の生涯』
 
《リレートーク》─いま、新しい世界史の理論にどう向き合うか⑨  召喚されつつ、縮減される「世界史」
─近年の動向  難波達興
学校日誌に記された戦争  大平聡
【インタビュー】  安倍政権のメディア戦略を問う(下)─学校教育とメディアリテラシー  水島宏明
『歴史地理教育』八四四〜八五八号総目次─二〇一六年一月号~十二月号
 
●写真●北から南から─歴教協各県支部ニュース 494●今月の動き●伝言板●読者のひろば●次号予告

歴史地理教育11月増刊号(No857)歴教協第68回沖縄大会報告集

%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e5%9c%b0%e7%90%86857%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99_01857%e5%8f%b7p10-11_01

購入希望はこちらから

歴史教育者協議会第 68 回沖縄大会報告集
大会テーマ  沖縄から安保と民主主義を問う
 
Ⅰ  全体会
【本部挨拶】  歴史教育者協議会副委員長  君島和彦
【現地挨拶】  沖縄大会現地実行委員長  平良宗潤
【韓国からの挨拶】  韓国・全国歴史教師の会副会長  金南秀
【基調提案】「沖縄」を日本全体の課題とするために  歴史教育者協議会副委員長  丸浜昭 →①~⑫関連資料
【緊急報告】高江からの緊急報告  田丸正幸
【シンポジウム】日米安保体制に抗う沖縄民衆のたたかいに学ぶ
1 講演  今に生きている復帰闘争の心  古堅実吉・里井洋一
2 講演  戦後沖縄民衆のたたかいと日米安保体制  新崎盛暉
3 地域実践報告  石嶺・沖縄から日本の政治を考える  下地治人
4 地域実践報告  沖縄の海兵隊の実態から軍隊の本質を学ぶ  北上田源
【地域特別報告】名護市の辺野古新基地建設反対のたたかい  稲嶺進
 
各団体からのメッセージ
 
Ⅱ  分科会
第1テーマ  歴史と現代
【第1分科会】地域の掘りおこし  山内英正
【第2分科会】日本前近代  三橋広夫
【第3分科会】日本近現代  逢坂英明
【第4分科会】世界  田城賢司
【第5分科会】憲法と現代の社会  江連恭弘
【第6分科会】思想・文化・文化活動  三好博
【第7分科会】現代の課題と教育  前田徳弘
【第9分科会】平和教育  大八木賢治
第2テーマ  地域・子ども・授業
【第 10 分科会】幼年・小学校低学年  山嵜早苗
【第 11・12 分科会】小学校三・四年  佐藤幸二
【第 13 分科会】小学校五年  羽田純一
【第 14 分科会】小学校六年  西浦弘望
【第 15 分科会】地域の中の子どもたち  水野多満司
【第 16 分科会】中学校地理  佐々木孝夫
【第 17 分科会】中学校歴史  岩田彦太郎
【第 18 分科会】中学校公民  魚次龍雄
【第 19 分科会】高校  今井英夫
【第 20 分科会】大学  川本治雄
【第 21 分科会】障がい児教育  竹下忠彦
【第 22 分科会】父母市民の歴史学習  小山一成
【第 23 分科会】社会科の学力と教育課程  大見功
【第 24 分科会】授業方法  柄澤守
【特別分科会】日韓歴史教育交流  糟谷政和
 
地域に学ぶ集い
①辺野古の新基地建設阻止のたたかい  遠藤茂
②高江のヘリパッド建設阻止のたたかい  池本恭代
③沖縄から見る日米一体化の実態  山本宗彦
④若者たちと考える沖縄の平和運動  佐藤義弘
⑤国策に翻弄される地域の生活と教育  比嘉香穂
⑥辺野古をめぐる環境問題  長塚淑江
⑦不屈館の取り組みから考える沖縄戦後史学習  高嶋伸欣
⑧ひめゆり平和祈念資料館の次世代継承・平和学習の取り組み  阿部優子
⑨南風原文化センターにおける戦争遺跡の保存と活用の課題  佐久間俊明
⑩宮森小ジェット機墜落事件の記憶と継承  松田浩史
⑪教科書問題─育鵬社版教科書採択を考える  大串潤児
⑫日韓交流─新設科目「東アジア史」をどう教えているか  糟谷政和
 
閉会集会のまとめ  佐藤義弘
 
現地見学
【プレコース】辺野古テント村・キャンプシュワブゲート  北田邦夫
【Aコース】沖縄から安保を考える─中北部基地をめぐる  柳功
【Bコース】沖縄戦南部戦跡  山本直美
【Cコース】宮古島の歴史・文化をめぐる  稲次寛
【Dコース】八重山の歴史・文化をめぐる  日達綾
【Eコース】伊江島の土地闘争を学ぶ  安達寿子
 
実践報告
【小学校】大使館への手紙から学んだこと─六年生の憲法学習  藤田康郎
【中学校】「なんで沖縄なん!」から「沖縄に帰りたい!」まで  梶原秀明
【高校/日本史】綿から見えてくる未来─棉花に触れて歴史を振り返り、日本の未来を考える  川島啓一
【大学】名護市民投票に焦点を当てて辺野古新基地建設問題を考える  北上田源
 
各団体からのメッセージ

 

歴史地理教育11月号(No856)-特集・ちょっと待って!集団的自衛権

%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e5%9c%b0%e7%90%86856%e5%8f%b7-%e8%a1%a8%e7%b4%99_01856%e5%8f%b7p4-5_01

購入希望はこちらから

特集  ちょっと待って! 集団的自衛権
集団的自衛権行使で旧日本軍がよみがえる─元自衛官の経験から  末延隆成
集団的自衛権行使の問題点と行使させないための対抗論  清水雅彦
息子が戦場に送られる恐怖を感じて─強行採決をバネに訴える日々  富山正樹
実践記録/高校現代社会  グループワークで理解を深める「集団的自衛権」  舛永隆宏
全国に広がった「ピース・リーディング」の輪  清水弥生
【インタビュー】安倍政権のメディア戦略を問う(上)─テレビと情報操作  水島宏明
 
小学校の授業  3年  かつお節削り器から広げる昔の道具と暮らし─「つなぎ・つながる」学びの創造  西
竜王          →年表はこちらをクリック
中学校の授業  歴史  地域教材を取り入れた歴史学習の試み─益田氏の姿を通して中世の時代像をとらえる
山本悦生
高校の授業  日本史  南北朝時代から「天皇」を問う  石田千郷
 
連載
子どもの目
▼大昔の子どものお手伝い  下地治人

▼韓国における関東大震災・朝鮮人虐殺事件研究の視点と課題  田中正敬
地域─日本から世界から 246
▼私が見た「戦争国家アメリカ」  小野崎克彦
中学生とのつきあい 12 章⑪
▼多文化とともに  辻健司
絵本で知ろう! おとなりの国⑳
▼11 月はキムジャンの季節「きょうはソンミのうちでキムチをつけるひ!」  木村誠
世界を歩く 88
▼米国中西部の暮らし(6)「冬支度の始まり」  友松利英子
各地からの便り㉖
▼千葉県船橋支部  歴史見学会の意味を問う  遠藤茂
探訪ミュージアム 88
▼安藤昌益資料館(青森県八戸市)  吉田守夫
 
読書室『史学会125周年リレーシンポジウム 2014 1  教育が開く新しい歴史学』『中東と日本の針路
─「安保法制」がもたらすもの』『18 歳からの政治選択─平和・人権・民主主義のために』『「銃後」の民衆
経験─地域における翼賛運動』『平和と共生をめざす東アジア共通教材─歴史教科書・アジア共同体・平和的
共存』『多聞院に眠る少女たち─大宮にもあった女工哀史』
 
地方の現場から見た大化改新の実像  河野通明
歴教協第六八回沖縄大会総括  歴史教育者協議会常任委員会
二〇一六年教育研究全国集会レポート一覧(日教組・全教)
 
●写真●伝言板●北から南から─歴教協各県支部ニュース 493●実践記録集・資料紹介●今月の動き●読者
のひろば●次号予告

 

歴史地理教育10月号(No855)-特集・ラテンアメリカの新たな潮流

%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e5%9c%b0%e7%90%86855%e5%8f%b7-%e8%a1%a8%e7%b4%99_01855%e5%8f%b7p4-5_01

購入希望はこちらから

特集  ラテンアメリカの新たな潮流
キューバとアメリカの国交回復が農業にもたらす影響  吉田太郎
先住民出身大統領の下で変貌するボリビア  遅野井茂雄
ベネズエラ、チャベス没後の一二〇〇日  新藤通弘
ドミニカ移民六〇年、幻の楽園  高橋幸春
実践記録/高校現代社会  「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」から現代社会を考える  名和優子
 
小学校の授業 3 年  子どもの学びを引き出す「コンビニ」の授業づくり  倉持祐二
中学校の授業  公民  僕の「日本国憲法の基本原理」の授業  深谷直史
高校の授業  日本史  中世社会から見える下層民の実態を問う  中山敬司
 
連載
子どもの目
▼チェルノブイリ 30 年―大人が作った原発  西村美智子

▼今、韓国の戦後史を―民主化から学ぶものは  塚田勲
歴史研究最前線 82
▼江戸時代の講について  菅根幸裕
地域─日本から世界から 245
▼武蔵国高麗郡・新羅郡成立の背景―建郡一三〇〇年  宮瀧交二
中学生とのつきあい 12 章⑩
▼その後のヤンチャたち  辻健司
絵本で知ろう! おとなりの国⑲
▼恐い、でも愛らしい虎「とらとほしがき」  木村誠
世界を歩く 87
▼米国中西部の暮らし(5)「収穫の秋です!」  友松利英子
各地からの便り㉕
▼新潟支部  「戦争と平和」のシンポジウム開催に向けて  松原直樹
探訪ミュージアム 87
▼石川町立歴史民俗資料館(福島県石川町)  藤田真
 
読書室
『日本会議の全貌─知られざる巨大組織の実態』『戦後 70 年の日本資本主義』『隣国の肖像─日朝相互認識の
歴史』『原爆にも部落差別にも負けなかった人びと─広島・小さな町の戦後史』『小学校社会科  授業を劇的
に変える 21 の基本技術』『旅行ガイドにないアジアを歩く  シンガポール』
 
《リレートーク》―いま、新しい世界史の理論にどう向き合うか⑧  歴史に背を向ける人間をつくらないた
めに―主体的な世界史認識を育むための授業づくり  周藤新太郎
「五日市憲法草案」への関心の高まりについて  駒田和幸
 
●写真●北から南から─歴教協各県支部ニュース 492●実践記録集・資料紹介●いただいた本・実践記録か
ら●伝言板●今月の動き●読者のひろば●次号予告

歴史地理教育9月号(No854)-特集・ハンセン病から考えよう

854号表紙854号p

購入希望はこちらから

特集  ハンセン病から考えよう
【インタビュー】ハンセン病を生きる─社会復帰者・石山春平さんのお話  石山春平
共感ジャーナリズム─ハンセン病報道から考える  高木智子
ハンセン病と司法・法教育の課題  国宗直子
「人権の森 全生園」から学ぶ総合学習─多磨全生園との関わりを通しての人権教育  青木祐子
ハンセン病問題から学ぶ─加害責任の自覚の上に  延和聰
 
小学校の授業  社会 4 年  都築弥厚は「郷土の偉人」か? ─歴史的価値判断能力を育成する社会科授業を求
めて  大見功
中学校の授業  道徳  福島から避難してきた子どもたちとお母さんから学ぶ─京都での取り組み  福谷朱夏
高校の授業  世界史  国民はなぜヒトラーを選んだのか  西村太志
 
連載
子どもの目
▼小学生とハンセン病問題  米須清貴

▼「奥州白石噺」とその広がり─民衆思想史・文化史への一試論  茶谷十六
歴史研究最前線 81
▼近代日本のハンセン病と「絶対隔離」  石居人也
地域─日本から世界から 244
▼国づくりの基礎を教育に─ブータンの学校は今  久保淳子
中学生とのつきあい 12 章⑨
▼晩ごはん、何?  辻健司
絵本で知ろう! おとなりの国⑱
▼トッケビとは、日本の鬼のようなもの?「トッケビのこんぼう」  木村誠
世界を歩く 86
▼米国中西部の暮らし(4)「「戦時中」が続く国、アメリカ」  友松利英子
探訪ミュージアム 86
▼重監房資料館(群馬県草津町)  宮崎令子
 
読書室『大学でまなぶ日本の歴史』『日韓民衆史研究の最前線─新しい民衆史を求めて』『「戦争」の終わらせ
方』『社会科アクティブ・ラーニングへの挑戦─社会参画をめざす参加型学習』『ぐんまの自由民権運動』『上
田小県近現代史研究会ブックレット 23  「時報」にみる子どもたちと戦争』
 
高校新科目「歴史総合」を批判する─世界史教育を継承・発展させるために  河合美喜夫
写真紙芝居  「東日本大震災遺構」  末永浩
【声明】憲法改正の危機の中で、子どもたちを主権者に育てる教育を広げよう─日本国憲法公布 70 年に、歴
教協からの呼びかけ─/高校教科書検定に抗議し、新検定基準の撤回を求める決議  一般社団法人歴史教育
者協議会会員集会
 
●写真●北から南から─歴教協各県支部ニュース 491●伝言板●今月の動き●読者のひろば●次号予告

歴史地理教育8月号(No853)-特集・子どもたちと戦争

852号表紙852号p

購入希望はこちらから

特集  子どもたちと戦争戦争孤児と「出会った」
中学生・大学生─戦争孤児関係者への聞き取りを全国で!  本庄豊
沖縄の少年兵・護郷隊  瀬戸隆博
子ども兵士をなくすために  江連恭弘
子どもたちを取り込もうとしている自衛隊  近森拡充
生徒に〝軍服〟着用を求めた校長─学校現場を翻弄する自衛隊入隊者獲得の実態  坂本茂
 
小学校の授業  2 年生活科  担任も楽しんじゃおう! ─教員最後の年の授業から  藤原恵正
中学校の授業  総合  ともに生きる─みんなが幸せに暮らすために  井村花子
高校の授業  総合的な学習の時間  無言のメッセージ  吉田功
 
連載
子どもの目
▼土偶に心を寄せて  持田早苗

▼学校資料の歴史資料化・教材化─戦争の時代を教えるために  大平聡
地域─日本から世界から 243
▼熊本の震災を体験して、見えてきたこと  浦崎勇一
中学生とのつきあい 12 章⑧
▼愛すべきヤンチャたちとのつきあい  辻健司
絵本で知ろう! おとなりの国⑰
▼韓国の四季の絵本―夏「つまんなくってさ」  木村誠
世界を歩く 85
▼米国中西部の暮らし(3)「ベースボールとアメリカ人」  友松利英子
各地からの便り㉔
▼埼玉県上尾支部  ついに達成! 支部だより三〇〇号、会員二〇名  倉持重男
探訪ミュージアム 85
▼長島愛生園歴史館(岡山県瀬戸内市)  土屋篤典
 
読書室『「小中一貫」で学校が消える─子どもの発達が危ない』『戦争孤児を知っていますか? ─あの日、〝
駅の子〟の戦いが始まった』『吾が青春に悔あり─ある丙種合格一兵卒の涙と怒りの軍隊記録』『ジープと砂
塵─米軍占領下沖縄の政治社会と東アジア冷戦  1945─1950』『童謡の近代─メディアの変容と子ど
も文化』『韓国の「鬼」─ドッケビの視覚表象』
 
《リレートーク》─いま、新しい世界史の理論にどう向き合うか⑦  「歴史総合」とアクティブ・ラーニン
グの課題  子安潤
授業実践  「日本人投降兵による反戦運動」─南京金陵中学での授業を振り返って  小林孝純
SEALDs に聞く(下)  村上諒・谷こころ・千葉県高等学校教職員教育研究会
 
●写真●北から南から─歴教協各県支部ニュース 490●実践記録集・資料紹介●いただいた本・実践記録か
ら●伝言板●今月の動き●読者のひろば●次号予告