投稿者「rekkyo_admin」のアーカイブ

「返還50年の沖縄についてみんなで学んだ、歴教協第40回中間研究集会(ハイブリッド)!」

 1月9日(日)に「返還50年の沖縄と歴史教育の課題」というテーマで、第40回中間研究集
会を実施しました。初めての「会場とオンラインとの併用(ハイブリッド)」となりましたが、
約130の参加があり、大成功に終わりました。

1,内容は…
 午前に鳥山淳氏(琉球大学)の講演と、沖縄の高校生のスライド報告。午後は、A「沖縄に
関する授業実践報告」と、B「「歴史総合」も含めた教育課程の学習会」の2つの分散会を実
施しました。
 鳥山淳氏の講演テーマは「『返還50年』の沖縄をどうとらえるか」でした。沖縄の歴史を
150年前まで遡り、琉球処分以来1910年代までを「日本国家が強権的に領土に組み込んだ50年」
とし、近代化を図る施策が先送りされた時代と特徴付けられました。1920年代から1960年代を
「日本国家が沖縄を激しく翻弄し、犠牲を強いた50年」とし、日本軍と米軍による要塞化、米
軍による長期占領とともに、沖縄糖業の保護と「国民経済」の相克についても言及されました。
返還から現在までを「日本国家の沖縄に対する責任(過去の清算)が問われた50年」とし、「責
任」は後退し、基地と振興策を「リンク」させる論理が前面に登場してきていると指摘されま
した。
 沖縄の高校生上原一路(ひろ)氏は、スライドで沖縄の抱える問題を指摘し「先生方、沖縄
の声を伝えて」と訴えました。
 分散会A「沖縄に関する授業実践報告」では、小中二つの報告が沖縄から出されました。小
学校の儀間奏子氏は、コロナ禍の子どもたちに、今の不自由な生活を見つめ、もっと大変な時
代があったことを、中山キクさんの体験をもとに紙芝居を作り伝えていきました。身近な問題
から、子ども達は沖縄戦に関心を示しました。中学校の宮城美律氏は、校内に「平和委員会」
を作り、生徒たちの手で「平和を伝えていこう」という取組みを全校に組織しました。教師は
いずれ転勤してしまうが、読谷という地域に生きる子ども達はそれを伝え続けていけるという
信念が伝わってきました。どちらも、慰霊の日だけでなく子ども達が平和を考え伝えていく実
践が伝わった中身の濃い分散会でした。
 分散会Bでは、高校の新科目「歴史総合」を見据えた実践が2本報告されました。愛知の伊
藤和彦氏は、日本近代の戦争と感染症の関りについて、日中戦争と生物兵器、アジア・太平洋
戦争での日本軍兵士の死など、授業での「問い」を示しながら報告しました。千葉の周藤新太
郎氏はフランス革命と明治維新の比較学習について報告しました。生徒は班別にワークシート
を基に話し合い、「明治維新は革命なのか」「文化の違いから考える日仏の性格の違い」など
の「問い」をつくる。さらに両者の類似点、相違点などを調べるワークシートに基づく学習の
後、各自が結論を導き出すという実践でした。

2,参加者の感想は…
〇全体を通して…「1日通して『沖縄』と『平和学習』について考えることができる充実した
 集会でした。講演会・高校生の発言・分科会というプログラムがとても良かったです。」
〇鳥山氏の講演…「沖縄の『返還50年』を考えるための時間軸『3つの50年』という整理の
 仕方が、沖縄の現状を考えるうえで、とても分かりやすかったです。そして、150年間も
 沖縄に犠牲を強いている状況であることを認識し直しました。質疑応答で、講演の内容が補
 強され、理解が深まりました。」
〇沖縄の高校生のスライド報告…「すばらしくて感激しました。研究している貝の話から基地
 問題に迫った報告は、たいへん説得的でいろいろな方に知ってほしいと思いました。インス
 タグラムで声をかけて活動を始めた行動力もすてきだと思いました。『歴史地理教育』に書
 いてほしいです。」
〇分散会A…「儀間さんの報告も宮城さんの報告も素晴らしかった。小学校、中学校の違いはあ
 るが、いずれも生徒の主体的な学びを引き出していく。地域の人たちのいろんな力を活用す
 る。生徒は平和の大切さを『自分事』として全身を通して学び取っていく。沖縄の平和教育
 の分厚い取り組みの一端を見せていただいた。」
〇分散会B…「伊藤報告…歴教協のこれまでの優れた実践を基に『歴史総合』の授業を創ってい
 こうという姿勢に賛成です。周藤報告…比較することが日本史と世界史をつなぐ(授業)方
 法として有効であることがわかりました。」
〇ハイブリッドについて…「コロナ禍がつづくと思うので、このような方法(ハイブリッド)は
 今後も取り組んでいかないといけないと思いました。支部の例会も取り入れる予定です。」

【11月】社会科授業づくり講座のまとめ

11月21日(日)10:00~13:00
講師:黒田貴子さん
テーマ:韓国・朝鮮と日本のいま
<参加者>28名
 学生9名 小学校5名 中学校4名 高校5名 特別支援学校3名 大学2名

講師の感想
今回の講座で、中学校での日本軍「慰安婦」問題の授業についてお話ししようと思ったのは、若い方たち
から「こういうことを、授業で取り上げて良いのですか?」という声を何回か聞いたためです。
 この授業は、なんとしても生徒たちに伝えたい授業です。でも、若い方たちが躊躇うように、この授業を
することに対する攻撃もあります。植民地支配を巡り、加害者側の国にとってはいちばん教えて欲しくない
ことでしょう。だからこそ、この事実をきちんと生徒たちに伝えることが必要だと思って、40年近くこの授
業を続けてきました。お話ししたように、性教育へのバッシングから、この重い事実を思春期の生徒たちに
伝えることが、難しくなって来ている面もあります。様々な配慮をしながらていねいに伝えることが必要で
す。
 今回、講座に若い方たちが大勢参加して下さいました。初めて知ることに戸惑った面もあると思いますが、
後から寄せられた感想では、この授業を自分もやりたいと思った、知って良かったというお声が多く、嬉し
く思いました。

参加者の感想(一部)

*南京虐殺など、事実としてあったことは過去の講座等でも話し合いになりわかってはいましたが、最近の
 日韓の国同士の話し合いは対話ではなく、日本は解決済みの一点ばり、韓国は世論を意識した日本バッシ
 ングとどこまでも平行線を辿っていてなんとかならないものかと思いながらもニュースを消してしまって
 いた自分がいました。しかし、今回の話を聞いて無関心こそこの問題を助長しているのではと感じ、まず
 もう一度関心を持つこと、自分に出来ることを考え、一歩を踏み出し進み続けることが大切だと気づくこ
 とができました。過去日本が行ったことを知り、どのように韓国を含めた周辺国の人々と共に歩んでいく
 のか、自分自身にも問いかけながら生徒に伝えていきたいです。

*黒田先生、ありがとうございました。従軍慰安婦の問題は、小学校で授業として扱うには抵抗のある内容
 であると感じましたが、それと同時に、ずっと避け続けているわけにもいかないことでもあると思いまし
 た。また、「やり辛いからやらない」、「教えにくいから教えない」ということが積み重なっての誤解や
 無知が、新たな間違いや解決に向けての根本的な取り組みへの妨げにもなっているのではないかとも思い
 ました。「少女3」の詩など、聞いているだけで辛くなるようなものも多くありましたが、生徒の1人の感
 想にもあった「学ぶことができてよかった」という感想が全てだと感じました。教師が正しく学ぶこと、
 教える術と勇気を持つことも大切だと思いました。
                                            
*慰安婦問題についても、性教育についても、大事なことなのに授業の中で取り上げられることはあまりな
 いと思います。大学で石出みどり先生の授業を受けている中で、慰安婦問題についての話が出てきた際、
 「この話は中学生に話すのは、なぜか難しい気がする」というモヤモヤを感じていたのですが、性教育の
 不足が原因だったのかと、今日のお話を聞いていて、気が付きました。おそらく、現状の性教育の中で慰
 安婦問題について取り上げ、「レイプ」という言葉を使っても、知らない生徒や面白おかしくとらえる生
 徒もいるのではないかと感じます。歴史教育、そして性教育の在り方について、もっと学んでいかなくて
 はと感じました。
 慰安婦問題や河野談話自体、中学校の歴史教科書に載っていることの方が少ない中で、先日の山本先生の
 お話の中で出た「教科書を教える」中で足りない部分を教科書外からも教えるということを思い出しまし
 た。使用している教科書以外から教える事は、バッシングや管理職・保護者との関係にも不安があると思
 いますし、私自身、教師になったときにすぐにできるかといえばおそらくできないと思います。しかし、
 経験を積む中で、本当に伝えたいことを生徒に伝えられる教師になっていきたいと思います。今回の講座
 に参加できてよかったです。次回の講座もぜひ参加したいと思います。
 
*本日は授業において日本軍「慰安婦」問題をどのように扱っていくか、深めることができました。私事で
 すが、明日から担当している世界史A授業が「第一次世界大戦」、日本史B授業が「第二次世界大戦」にそ
 れぞれ入ります。当初の授業計画として日本軍「慰安婦」問題は「政治的中立性」の問題もあり、割愛し
 ておりました。しかし、本日の社会科授業づくり講座に参加し、様々な史資料を用いて、日本軍「慰安婦」
 問題と真正面から向き合う必要性を感じました。また、中学生に向けてあるいは高校生に向けての日本軍
 「慰安婦」問題授業をする場合、どのような共通点・相違点があるか、中高連携社会科教育の観点からも
 考えてみたいと思います。私も「研究的実践者」を目指して授業実践・教材研究に取り組んでいきたいと
 思います。

*本日は貴重なお話をしてくださりありがとうございました。今回の講座の中で、黒田さんのお話、他の教
 員の方々のお話を聞けて非常に充実した時間を過ごさせていただきました。お恥ずかしながら、私自身日
 本軍「慰安婦」問題(以下、慰安婦問題)や徴用工問題についてほとんどのことを知りませんでした。他
 の学生の方がおっしゃっていたように教科書で慰安婦問題に関する箇所はほとんどありません。山川出版
 の日本史の教科書を見返してみましたが、注に記載があるだけでした。高校の日本史の授業で教わった記
 憶はありません。しかしながら、これから教員として慰安婦問題を生徒に教える以上、そんな言い訳は通
 用しません。黒田さんの授業実践を聞き、生徒のリアクションを見ていると、慰安婦問題を教えてもいい、
 むしろ教えるべきだと思ったので、大学の図書館等で調べてみようと思いました。
 また、慰安婦問題をはじめとして軍国主義期日本の諸政策は目をそらしたくなるようなものばかりです。
 つい右翼的な、修正主義的な歴史観を持ってしまいがちです。直視するのがつらいのならば、まずはより
 マイルドな資料を使うでもいいし、その他工夫がいくらでもできるということを講座の中で学びました。
 大切なのは直視できない現実・歴史を「知る」か「知らない」か、と二極化させるのではなく、「少しず
 つ知っていく」という選択をとることだと思います。生徒の状況に合わせた授業・扱う資料の選定ができ
 るよう、教員としての力量を高めていきたいと思います。
 授業の導入をどうするかが私にとってのホットなテーマだったため…(笑) 黒田さんのほかにも現場の
 教員の方々の意見を拝聴できて非常に考えさせられました。先生と生徒が向かい合うような関係性ではな
 く、同じ関心に向かっていく、共に学んでいくような関係性がよいのではないかと、答えのようなものが
 得られました。経験の浅い私ですが、自分なりに経験を伝えられるような導入教材を探してみようと思い
 ます。また、次回以降の授業づくり講座にも参加するつもりです。またお話できる機会がございましたら
 宜しくお願い致します。

*お母様を亡くされた深い悲しみの中を、若手のためにあのように準備をしてオンラインでも発信していた
 だき、ありがとうございました。
 Cくんのような生徒さんが、それを出せたというのも、日頃からの黒田さんとの信頼関係があってのこと
 だと思います。彼のような生徒さんが、これから自分で学んでいき、周りとの関りの中で「あの時の あ
 の授業がきっかけだった」と振り返ってくれる日があったらいいですね。

*昨日は11月の授業づくり講座に参加させていただきましてありがとうございました。
 9月講座でお知らせを頂いた時からずっと気になっていたテーマでした。日本軍慰安婦の問題について、
 お恥ずかしい話ですが性の問題にも関係することから何となく触れてはいけないような気がして今まで避
 けておりました。しかしながら今回先生方のお考えや実際の授業の進め方を教えて頂く中で日本人として
 知っておく必要がある問題だということを実感しました。
 講座の中で黒田先生が教材の表現や生徒からの想定していなかった意見について、どのように工夫し受け
 止めているかということを教えて頂き、重いテーマを取り扱うことの難しさとどのように向き合っていく
 かを考える機会になりました。社会科では重いテーマを取り扱う場面が多く、それらをどのように生徒に
 伝え考えさせるかが重要かつ教員の腕の見せ所であるように感じます。
 先日の山本先生や黒田先生のように生徒の興味関心を引き出し、問題に自然と向き合っていくことのでき
 る授業を行えるように精進して参ります。                                     

*お母様のご不幸の中、前を向いて後進のために力を振り絞って下さり頭が下がります。
 「伝えたいこと」「伝えなければならないこと」その強い思いを持って教材研究をしていく。その姿から
 教師のあり方について改めて学ぶことができました。私などは、一貫したものがなく、その時その時の関
 心に合うものをとりとめもなく実践してきたのが事実ですので、黒田さんの一貫した姿勢と実践に頭が下
 がります。
 若い教師を目指す人たちは、1時間の授業をどう組み立てるのか?ということに関心の中心がありますね。
 これだと「○○スタンダード」といって私の市でも行われていますが、形だけまねする実践にすぐ陥って
 しまいますね。「何を」というところが軽視されて、教科書をどう教えるかだけに収斂しているのが今の
 学校現場ですね。
 今回も頑張って若手実践家が運営をしていましたが、頑張ってほしいです。また、機会があれば参加させ
 て下さい。
*「歴史地理教育」の6月号に平井先生の実践、9月に藤田先生の実践を読んでいたこともあり、今回の講
 座を受けて、より日本軍「慰安婦問題」問題に関する理解を深め、さらなる生々しい現実を知ることがで
 きました。
 「小学校でどう実践するか」を考えながら聞いていましたが、小学校段階で「性教育」の充実を図ってい
 かないと難しいとも思いました。本学の生活科教育法の授業者は、和光鶴川小学校の現職の副校長の方だ
 ったので、和光学園の「性教育」の実践も知っていました。それだけに、日本全体の性教育はとても遅れ
 ていることを改めて痛感し、その重要性も強く感じました。
 黒田さんが「授業づくりの根本」の中でおっしゃっていた通り、これから現場で働く身として「疑問符を
 かかげて生き続けていこう」と思いました。  

*この授業ができるだけの授業の積み重ねがなされているのだろうということを強く感じる実践でした。内
 容としても、教材としても、難しいテーマであると感じる単元です。慰安婦に関して、高校時代気になっ
 て自分で調べてみたことはありますが、なかなか要領を得なかったり、親に聞いてもはぐらかされたり、
 良くない顔をされたりします。なんとなく、触れてはいけない歴史なんだと感じることがありました。私
 が高校の頃の日本史は、ほとんどが受験勉強に対応したものとなっており、慰安婦自体さらっと流れた覚
 えがあります。中学校のときを思い出しても、植民地責任だとか、徴用工問題、ましてや慰安婦の言葉は
 なかったように思います。今でこそ、このテーマを取り扱うのがいかに重要なことかということは理解で
 きますが、そのためには既に知っておかなければならないこと、理解しておかなければならないことが多
 くあるようにも思いました。その例が性教育だと思っています。正直、少女3の資料は今の私がよんでも
 かなり過激だと感じる部分がありました。中学2年生の私が読んで、果たして理解できたかどうか、その
 授業でひどい衝撃を受けながら初めて知ることがあるのではないかなど、様々なことを思いました。Cく
 んの言葉は少し極端かなとは思いますが、言いたいことは理解できます。これは中学校の社会科だけでど
 うにかなる問題ではありませんが、事前知識や事前学習の重要さからも、社会科で特に取り扱うべき問題
 は、その科目だけで完結できるものではないと強く感じました。
 戦争での歴史教育は特に平和教育や権利教育の観点でも考えるべきものだと思います。植民地責任という
 国際関係からも考える必要があり、本当に課題だらけだな、考えなければならないことが多いなという気
 持ちでいっぱいです。私は戦争の悲惨な状況を様々な映像、文献からでも、あぁ嫌だなぁと目をそむけた
 くなります。だからこそ学ぶ必要があるのですが、どうしても雰囲気が暗いものになってしまうんじゃな
 いかなどと思ったりしました。黒田先生の授業実践では生徒が言いたいことを言える雰囲気があり、活発
 に発言が交わされていたという印象があります。先生の雰囲気や先生と生徒との関係性がなせる業のよう
 な気がしつつ、それだけ生徒が考えられるような授業であること、資料提示や発問がなされていることに、
 私もやってみたいという気持ちになりました。
 講座のなかで、韓国との関係を渡来人のところから授業でしかけていくという趣旨のことをお話していた
 のが印象的でした。歴史は繋がっている。それを理解して授業は行われなければならない、ということを
 強く感じた言葉でもあります。私は山本政俊先生に教えてもらっている学生ですが、授業で「南蛮貿易」
 が出てきたときに、四夷について触れてもらいました。あの単元ではスペイン・ポルトガルがやはり教科
 書でも色濃く描かれていますが、中国の思想が日本に反映されているという事実に、また歴史のつながり
 を感じました。教師自身深く学んでいることが本当に大切です。そうでなければ、つながりをもたせた歴
 史教育はできないと思うからです。それをまた実感した講座となりました。

講座を通して(司会:角之倉)
 今回は、たくさんの学生さんや様々な校種の先生方にご参加いただき、有意義な時間を一緒に共有するこ
とができたことにとても感謝しております。
 11月講座では、現実にまっすぐと向き合い考えさせられる時間でとても良い学びになりました。
 日韓関係について、ニュースで見ると、反日や親日という言葉や賠償金であるとか、様々な問題が報道さ
れています。そんな中で私が一番知っておくべきことは、戦争という時代の中でつらい経験をしてきた人達
のことがいることや、戦争がもたらすものについて考えていくことなのかなと思いました。
 「歴史を知り、学んだことを未来に伝えていく」という言葉が生徒の感想にありました。その歴史は人が
つくっていくものであり、自分たちにとって都合の良いものもあれば、都合の悪い悲しいものもあると思い
ますが、それらを伝えていき、再び悲しい歴史を少しでもなくしていけるように努力することが大切だと思
います。そして、「今を生きる私たちができることは何かを知り、考えて取り組めばよいのか」を児童生徒
に伝えていくことが社会科教員の仕事の一つであると考えたため、生徒たちにその思いを伝えられるような
授業を作っていけるように精進していきます。ありがとうございました。
 次回の授業づくり講座も、是非たくさんのご参加をお待ちしております。よろしくお願いします。

2021年度 各地のブロック集会(12/26現在)

★北海道・冬の全道研究集会
 日時:2022年1/6(木)
 日程:2022年1月6日(木)13:00~会員総会、15:00~講演会、18:15~講座
 会場等:ホテルライフォート札幌(限定20名)とオンライン
 内容: 講演「歴史学者から、先生方に教えてほしい歴史」(仮)
 講師 成田龍一(日本女子大学名誉教授・近現代日本史)
 講座:「歴史総合」「公共」どんなことができる? 世の中の課題に向き合おう~感染症の実践を通して
 その他: 参加申込方法などは12月上旬に北海道歴史教育者協議会のWebページ(https://dorekkyo.org/)にアップします
 問合せ:池田理(北海道) dorekkyo.jimukyoku@gmail.com

★東北ブロック集会
 今年度は実施しません。来年度開催予定。
 問合せ:稲垣総一(山形) inasoujun2020@outlook.jp
     佐藤光康(山形) msato@y-gakuin.ac.jp

★関東ブロック集会(チラシはこちらから)
 日時:12/26(日) オンライン
  10:00-12:00全体会=講演 大日方純夫
 「日清・日露戦争以降の近代史を世界の中で捉える 歴史学と歴史教育の蓄積をふまえて」
 13:00-14:00地域報告:東海林次男「高輪築堤遺跡について」
 14:30-16:30分科会(レポート小・中・高)
 問合せ:山田耕太(東京)tokyo.rekkyo1964@gmail.com

★北陸ブロック集会
 日時:2022.1月以降 検討中
 場所:対面か(新潟)検討中
 問合せ:松原直樹(新潟)matsukun@pd6.so-net.ne.jp

★東海ブロック集会
 日時:11/20(土)~21日(日)
 場所:岐阜県大垣市見取町 1-13-1 大垣青年の家 [対面]
 テーマ:「東西の文化が出会う町関ヶ原  関ヶ原の戦いと東洋一の火薬庫を訪ねる」
 内容:〔20日〕
  15:00 草野道雄(元岐阜県内小中学校教員・関ヶ原町歴史民俗資料館館長)
  の模擬授業・フィールドワークの解説 「関ヶ原に見とる 日本の近代」
  〔21日〕
  9:00~10:30 関ヶ原古戦場見学
 10:30~12:00 玉の火薬庫見学(半洞窟火薬庫・本洞窟火薬庫)
 午後 オプショナルツアー(①か②いずれかを選択)
  ①玉城跡見学(火薬庫境界杭、山砲陣地)
  ②関ヶ原古戦場記念館見学(有料・要予約:9人まで)
 参加費:12,000円
 10/22(金)申し込み締め切り
 問合せ:飯沼徳昌(岐阜) VZZ10740@nifty.ne.jp

★近畿ブロック集会
 日時:1/15(土)午前・午後
 開催形式:オンライン
 内容: 午前:高校の授業視聴 
     午後:①研究協議、シンポジウム(小中校の連携を考える)
 問合せ:浅井義弘(大阪) yosia88124@kba.biglobe.ne.jp

    詳細はこちら

★中国ブロック集会
 日時:2022.1月以降
 場所・形式:対面かオンラインか未定
 問合せ:小川周作(鳥取)ogawa_su@mailk.torikyo.ed.jp

★四国ブロック集会
 日時:12/25(土)~/26(日)
 場所:愛媛県西予市宇和町〔対面〕
 内容:各県授業実践、研究報告  
    ブータン人留学生の労働組合結成の経緯、ブータン人留学生との意見交換(予定)
 問合せ:大森哲也(愛媛)iyonokagemaru@yahoo.co.jp

★九州・沖縄ブロック集会
 日時:11/28日(日)9:30?15:00
 場所:鹿児島市中央公民館 
 内容:実践報告 鹿児島「地域について調べよう」
        福 岡「地域に残る文化財の教材化」
        佐 賀「再雇用2年目の歴史の授業ー古代の単元を中心にー
 問合せ:上猶 覚(鹿児島)ska37o03@gmail.com   チラシはこちら