投稿者「温若杉」のアーカイブ

『編集長日記』(1)今、カナダを知る絶好の特集です!!

編集長日記(1) 今、カナダを知る絶好の特集です!!

 今回から、『歴史地理教育』の編集や論稿などについての色々な情報を発信するために、ブログをはじめます。

 今月の9月号では、「もっと知ろうカナダの今」と題して、カナダの地理や歴史、文化などを特集しました。

 お勧めはいろいろありますが、まずは巻頭の細川道久さんの総論、「他民族国家カナダの過去と現在」です。カナダというと多民族、多文化共生の社会をイメージします。しかし、副題に「多文化共生への模索」とあって、未だ理想には遠く、国の成り立ちからの様々な試み、試練を経て今があり、その現在も決してうまく行っているわけではないことがわかり、読んで大変勉強になりました。トランプの登場で揺れるアメリカの移民排斥の動きが決して特殊なものではなく、隣国カナダにおいても、多民族の共生が困難であることを知り、その努力に共感を覚えました。

 もう一つ、印象的だった論稿は特集のトリの岡田健太郎さんの「カナダ政治の現在―イギリスらしさと独自性と」と題したカナダ政治の今を語った論稿です。同じヨーロッパの植民地であったアメリカが革命戦争によって独立し、自由の国をつくったといわれるのに対し、カナダは長くイギリスの植民地にとどまり、独立後も英連邦の一員であり続けています。

 しかし、それでいて、いやそれだからこそなのか、イギリス発の民主主義制度を成熟させ、また、充実した社会保障制度をもち、そして多文化共生をめざすという、アメリカとは大きく異なる国家、社会を形成してきました。その歴史の歩みを語りながら、現在のカナダ政治の課題について、わかりやすくまとめた内容です。フランス系の人々が多いケベック州の独立問題についても、「なるほどそうだったのか」という説明があります。

 中高での地理や世界史の授業で、カナダを取り上げるには、大変参考になる特集ですし、現在の世界の動向を知る上でも、広くお勧めしたいものです。                (若杉 温)

 

 

『編集長日記』、はじめました!

 歴教協のHPのブログで、『編集長日記』をはじめます。『歴史地理教育』の編集や論稿などについて、情報発信することにしました。多くの方にご覧頂ければ、幸いです。

 初回は9月号のカナダの特集から2本の論稿について、紹介しています。    (若杉)

2019年10月号「『働き方改革』と教育実践」の読みどころ

 なぜこんなに忙しいのか、もっと子どもたちと向き合う時間が欲しい・・・。文科省の調査では小学校教員の3割、中学校教員の6割が「過労死ライン」を超えました。いま焦点となっている教職員の「働き方改革」について、学校現場から、研究と運動の立場から、その現状と打開の方向を考えました。

2019年9月号「もっと知ろうカナダの今」の読みどころ

 トランプ政権が移民制限を打ち出すなか、カナダは難民30万人の受け入れを表明し、BBCによる国別好感度調査で1位を取ったこともあります。国名はだれもが知っていますが、詳しいことはほとんど知られていない国カナダ。そんなカナダの今は、今後日本が進むべき道を示しているかも知れません。(北田)

2019年8月号「戦争を語り継ぐ」の読みどころ

 ある戦跡カメラマンから、「戦争の記憶や戦争を知ろうとする意識が、年々風化していることを実感しています」という便りをいただいた。

 一方、植民地支配や加害の実態に目を向けず、戦争責任の問題はあいまいにされてきた。最近の研究成果・実践に学び、戦争の記憶を正確に語り継いでいきたい。(東海林)

2019年7月増刊号「社会科教育、この20年とこれから」の読みどころ

 創立70周年にあたり、50周年誌の後を受けて、この20年の社会状況とその中での取り組みを振り返り、歴教協の姿が見える内容をめざしました。

 とりわり、若い世代へとつながる授業実践や生き生きと取り組まれている支部活動など、世代を越えて広がる活動を多く紹介しました。

 9・11以降の世界の分断が進行する中、日本では、東日本大震災・原発事故の収束を装い、安保体制の下、沖縄の民意を無視し続ける政治に、民主主義は危機に瀕しています。

 そして、歴史修正主義の横行、グローバル化、格差社会の拡大なども深刻化している中で、重要性を増している社会科教育の可能性を考えたいと思います。

2019年7月号「歴史学・民俗学と歴史教育の対話」の読みどころ

 アクティブラーニングがもてはやされる中、2022年から高校では『歴史総合』が始まります。大きく歴史教育が変わることが危惧されます。しかし、ピンチはチャンスです。歴史学や民俗学との対話から、学問の成果に学ぶ新しい歴史教育の可能性を探ってみました。

 特集の構成は、まず、多彩な近現代日本史研究で知られる歴史学者の成田龍一氏と高校日本史の討論授業で知られる歴史の授業の実践家の加藤公明氏の対談を特集全体の総論の意味で、巻頭に配しました。歴史研究と歴史教育の関係性、歴史修正主義の流行、歴史教育における討論の意義といった問題について、それぞれの立場から縦横に語って頂いています。明日の授業への示唆に溢れた対談です。

 この他に今回の特集の表題にも掲げた民俗学と歴史教育の関係について、80年代から現代までの両者の関係について柳田國男や民俗学の研究史に多大な業績をあげてこられた民俗学者の福田アジオ氏に論じて頂くと共に、滋賀歴教協の八耳文之氏に民俗学に学ぶ歴史教育の先達として黒羽清隆氏の業績について、論じて頂いています。特集外ですが、山梨歴教協の影山正美氏の柳田國男の社会科教育への提言についての論考も合わせて見て頂くと、数十年前の黒羽や柳田の社会科や歴史教育への情熱に改めて、励まされます。  

 もちろん、この他に特集では2つの実践を取り上げました。1つは高校日本史の京都府歴教協の村木真理さんの幕末維新期に来日した外国人の日本に関する記録を生徒が熱心に調べて、当時の人々の生活や意識に迫る内容豊かな授業の取り組みです。もう1つは小学校での歴史の授業で、モンゴル襲来をテーマによく知られた『蒙古襲来絵詞』を取り上げ、その読み取りを最新の歴史学で主張されている後世の加筆説に則って行う形での授業です。共に、小学生と高校生のちがいを越えて、子どもたちが歴史学の成果に学んで、生き生きと主体的に学習する姿がとても眩しく感じるものです。

 どこから読んで頂いても、興味深く内容豊かな特集で、必ずや読者の皆さんの期待に応えられるものと考えます。読後の感想など、投稿頂くことをお願い致します。

埼玉大会参加申し込みが始まりました!

 5月1日から埼玉大会参加申し込みから2週間がたち、現在42名の方が申し込まれています。

 埼玉県での大会開催は、1984年第36回大会、2006年第58回大会に続いて3回目の開催です。「一味違う」全体会は、内田良さんの記念講演「学校をカエル!―『教育』の病から脱け出すために」、井村花子さんの地域実践報告「ともに生きる、ともに歩むー子ども・教師・地域がともに学ぶ未来とは」が行います。その後、参加者と一緒に「対話」を行う予定です。 

 プレコース、現地見学も、現地歴教協の活動の蓄積を生かした充実した内容です。5月18日までの現地見学・プレコ-スの申し込み人数です。【 】内は定員です。

Aコース:草加宿と草加せんべい 3名【30】

B1コース:小江戸 川越 2名【30】 

B2コース:小江戸 川越 1名【30】

Cコース:日本初の飛行場・ポツダム宣言を受信した戦跡をめぐる5名 【20】

Dコース:隣国と友好を考える・・・秩父~高麗郷をめぐる 1名【30】

Eコース:古代上毛野・武蔵の古墳をめぐる(付)岩宿遺跡 2名【30】

Fコース :埼玉の自由民権を考える~秩父事件と秩父 2名【22】

Gコース:女性の歴史を考える~富岡製糸場・萩野吟子 4名【30】

Hコース:足尾銅山鉱毒事件と田中正造に学ぶー日本の公害の原点            

     (2泊)7名【30】(1泊)希望は現在なし 

 

現地見学の締切日は7月12日(金)となっています。多くの方の参加をお待ちしております                      

                  事務局長 桜井千恵美(5月16日)

2019年6月号「選挙で社会を変える」の読みどころ

 本年7月は参議院選挙が予定されています。まさかの衆議院とのダブル選挙の可能性が取り沙汰されています。

 そもそも選挙は、社会の多くの人々の多様な民意を政治に反映して、民主的な社会をつくることにつながるものであるはずです。

 高校生などの若者も投票できる18歳選挙権が実現した今、そのような選挙はおこなわれているでしょうか。

「選挙が社会を変え、選挙で社会を変える!」

 そうしたことを実感できるような政治教育の可能性について考えたいと思い、選挙をテーマに特集を企画しました。                            

2019年5月号「何かおかしいから始まる人権の拡大」の読みどころ

 国の機関での障がい者雇用者数の水増し、国会議員によるLGBTに対する非難、また医大入試では女性排除等がありました。森友問題の責任者で失言いっぱいの大臣はいっこうにやめる様子がありません。

「この日本に、人の権利はあるの?」と疑がわしく思われる昨今、世の中にはしたたかに、「何かおかしい」と感じて活動して、さまざまなアプローチで、地道に人権を拡大しようとしている人たちがいます。そんな人たちの活動に注目して、その情熱を感じて、自分に何ができるか、考えてみるための特集を企画しました。

 どこからでも、自由にお読み頂ければと思います。